HOME > ナレーターたちの物語 > 声優ミゼラブル > 第4幕・ヒッキーの「オーディションでカン!」

声優,ナレーター,松田佑貴,養成所,ナレーター,

声優ミゼラブル4話・ナレーターメルマガ

2008年9月11日 ナレーターメルマガ92号より転載

有名声優から事務所所属をすすめられる・ヒッキー
この物語は引きこもりから抜け出し声優、ナレーターになった男ヒッキーの物語である。 「しゃべるだけなんて声優ってラクショーじゃ~ん!」と不逞極まりない夢を描き養成所の門をたたいたものの、その養成所からもドロップアウト。

だが、有名声優「飛葉ミゲ~ル」氏との出会いが彼を変える。
人見知りの恐怖に震えつつ参加したファン温泉旅行中、まさかまさかの舞台の手伝いを命じられたヒッキー。やがて深く関わるようになって・・・

紹介でぽんっ!

声優事務所に正所属ゲット・ヒッキー飛場ミゲ~ル主催の舞台のお手伝いを命じられ、稽古(見学)→飲み会→おごってもらう→稽古(見学)→飲み会→おごってもらう→(以下略)などとそんな素行をくりかえすうち、「宇宙人」というあだ名をつけられ、社会復帰がまだまだ遠いことを認識したワタシ…。

しかし、それでも、ヒッキーを「人間」に戻してくれる魔法使いミゲ~ルさんは見捨てなかった。
「ヒッキーさぁ、養成所はやめたんだよね?だったら事務所紹介するから、そこに入りなさい」

思考停止。ジムショヲショウカイ?

ちなみに声優系では、こういった「紹介」であっけなく事務所所属になるケースがまれにある。
アニメでは役名のないその他大勢のことを、”ガヤ”と呼び、多くの事務所では”ガヤ”要因としてとりあえずの「頭数」を揃えて送り込んだりするのである。そんな”ガヤ”でさえ若手声優の芸歴を水増しするために使い、おまけに宣伝にも利用したりするのである。だけどヒッキーがこの時薦めてもらったのは、幸いにして名の通った大手事務所だった。生き残りのサバイバルは大変かもしれないが『きちんと仕事をしている事務所』という漠然とした安心感があった。

は、は、はいりますーーっ!!
あまりの出来事に、「心の中の声」ですらどもってしまう。連日スケジュール帳は真っ黒。コンサート会場でお客さんから歓声に答える僕…そんな妄想で、夜も眠れない日が続く。待ってろ事務所!またまた人生の再逆転に成功だ!

・・・と思ったのもつかの間。紹介してくれた筈の事務所から一向に連絡がこない。
1ヶ月たち・・・
3ヶ月たち・・・
6ヶ月たち・・・
もう師走に入り、年を越そうかというまさにその時。

1本の電話が!

オーディションでカンッ!

「声優事務所の『パッポン・プラ』と申しますが、今度、オーディションがあるので来て下さい」
ガチャ「ツーツーツー」

ついに来たぁ!憧れの「ジムショ」からですよ。ん?
でも、ちょっと待てよ。何か聞き慣れない事言ってたような・・・。
ってえええ??オ、オォーディション?
またもや暗雲が立ちこめる。『初対面相手に目をそらさないで話す』練習しなければ。

とりあえず「パッポン・プラモデル」のオーディションに出かける。
しかし、いきなり予想もしなかった事態が訪れたのだ。「あ、ミゲ~ルの紹介なんですね~。ハイ、分かりました」

え?
何が分かったのか、が分からない。
だがそのままオーディション「終了」。

そう。「ベテラン声優ミゲ~ル」と「紹介」というキーワードは、魔法の言葉だった。
おそるべし、飛場ミゲ~ル・・・・。あの大手『パッポン・プラ』をこうも簡単に陥落してしまうとは。やはり彼は宇宙人を人間にしてしまう魔法使いだったのか。そんな魔法使いの前には「実力」という言葉さえ、霞んで見えた。
しかも、ここでまたミラクルが起こる。

つづきの前にすこし解説。通常、声優事務所に入った場合(組合に加盟すると)新人として「ジュニアランク」と呼ばれる最低のギャラから始めなければいけない。どんなに人気のある主役をやっても約8000円~1万5千円。しかもそこからマネージメント料や源泉税を引かれるというそれはそれはフトコロのさみしい世界。もちろんジュニアは「新人の礼儀」で誰よりも早く現場に入り最後に出たうえ、毎度の飲み会にも出なければならない1日仕事。

しかし!

新人声優にとってジュニアの期間は、安いギャラだからこそ”ガヤ”などの仕事が多く巡ってくる時期でもあるのだ。
悲しいことに、仕事本数があるからといってジュニアのまま居続けたいと願う、志の低い者も少なくはないのが現状なのだ。

正所属でぽんっ!

だが・・・幸か不幸かヒッキーはそれ以前に、ほ~んの少しだけ飛葉ミゲ~ルの紹介で仕事をして組合に加盟していたのだ。なんということか、それを事務所が考慮してなのか、誤解してなのか?イキナリの「正所属」!!ジュニアのギャラランクをすっとばすことができたのだーっ!

またもやイキナリ頂点にまっしぐら!
ジェットコースターの如く上下する人生に眩暈と恍惚を覚える。
わはは。人生ってカンタンじゃねーーー?
などと思ったのもつかの間、やっぱり人生甘くなかった・・・・。

次回ヒッキーサイドは『プータローにリーチッ!』の巻、乞うご期待。

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,

ナレーターメルマガを読むナレーターメルマガを読む

ヒッキー

声優とナレーターを両立・ヒッキー引きこもりから抜け出し、声優からナレーターになった男。
現在ではドキュメンタリーや番組のレギュラーナレーション、声優としては大ヒット作に出演するなどみごと社会復帰を果たした。

ガンバルジャン

声優ジュニアからナレーターに・ガンバルジャン夢にまで見た声優ジュニアは、まるで「レ・ミゼラブル(ああ無情)」な世界だった…。ナレーションを学ぶことで番組レギュラーをもち、社会復帰に至った、男泣きナレーター。