2006年11月2日 ナレーターメルマガ29号より転載

これまで逆境ばかりに見舞われてきた不幸の一番星・亀子。なんとかナレーション界にしがみついてきた亀子もいよいよ年貢の収め時…
もはやこれまでと観念したその時現れた謎の旦那!
間一髪で一命をとりとめる奇跡のギャラ100万円と、小金沢事務所への紹介!嗚呼、なんというドラマであろう!
そして新天地小金沢事務所で、亀子はまた成長を遂げる!

ボイスサンプル,ナレーション,ナレーター


◯謎配:奇跡としか呼べないようなタイミングで旦那ハンに助けてもらって…直接小金沢のマネージャーにアポとってもらえたんですよね…その後、どうなったんですか?

◉亀子:すぐに小金沢のマネージャーはんとお会いしてねぇ。どこの事務所でもそうおすけど、『じゃ、とりあえずボイスサンプルきかせて』となりますわな。

◯謎配:直接顔合わせてマネージャーと話してても、ボイスサンプルは必要なんですよね。マイクに乗ったら声は変わるし、話し方だって変わりますからね。実際に〈ナレーション〉を聞いてみないとわからないんですよね。

◉亀子:事務所としても、もしすぐ使えそうな人なら〈営業先にすぐ持って行けるように〉ボイスサンプルは必要になんヨネ。もちろんウチは営業の時はかかさずボイスサンプルを持ち歩いてるから、その場で提出してね。すぐにCDを取り出したのが好印象やったんやと思う。『所属はムリだけど、預りってことで。いくつか仕事を振ってみるから結果を出してね』となりまして、仕事もすぐに一本いれてもろて。でも…ウチとしては未経験の分野やったし、今イチ充分な力を発揮できひんかってね。それからはパッタリと仕事のお声がかからんようになって…

◯謎配:ええ?営業特攻隊の亀子さんが仕事がないんですか?!

◉亀子:この頃は個人営業はやめてたンよ。単発系の事務所だと、営業も勝手がわからんかったし。特に数ヶ月前に大手事務所Hをクビになったり、スピーカ寺山に嫌われたりしてるやん?当時はほんまに自己嫌悪に陥っててね。大人しくしとかなアカン…変なことしたら干される…そう思って縮こまってたんよ。
だから営業するといっても、事務所しかなかった。なるたけ毎日に顔を出してネ。。売れっ子をたくさん抱えてる大手事務所で、みんな忙しくバタバタ働いてる中ウチだけぼんやり座っててね、毎日ふさぎこんでたな(ウチだけ…なんで、なんでウチだけ売れへんねやろ…)って。

◯謎配:亀子さん…(;´д⊂)

◉亀子:そしたらある時、同じく事務所によく通ってた小金沢の若手プレイヤーと仲良くなれてネ。当時はかなりブイブイ言わしてた期待のホープのラッパー・キリーD(仮名)。この方はラッパーらしく自画自賛系の自信満々のプレイヤー。もちろん当時はナレーションレギュラーもあって、絶頂期やったしそらもうすごいもんおした。
ウチの悪いトコなんおすけど、『俺って天才ちゃんなんスよねー』とか堂々と言えてしまう男には惹かれてしまうんおす…じゅん!ってなるンよね…それでこのキリーDはんが気になってね、ちょっとつきまとう事にしたんよ。

◯謎配:出た、行動派ー!

◉亀子:キリーDは確かにそれなりの実力のあるおヒトおした。でも若かったし、そこまで売れる理由は、正直ウチにはわからんかったンよ。この頃ウチは自分の営業に不安を抱いてたから、『俺が動けば時代が変わるヨ?』とかあちこちで吹聴するキリーD、それでも売れてるキリーDを見てたら、複雑で…。毎日キリーDに仕事が入ることが不思議で仕方がなかった。…でも……ある時、売れる秘訣がわかったン。

◯謎配:ええ?!そ、それはなんでしょう?

◉亀子:キリーDはね、毎月一回自主的に、ボイスサンプルを作ってたン。ウチが事務所でぼんやり世間話をしてる横にキリーDがいつも通りかかってたのは、マネージャーにボイスサンプルを聞かせに来てたからなんヨ。ウチ、キリーD本人にきいた。『こんなに売れてるのに、なんでボイスサンプル作るン?』って。そしたらキリーDはこう言うた『俺の天井はまだまだ高いぜ。もっとメイクマネーがしてえんだ。だから、俺はあれができる、これがやってみてえって、マネージャーに知っててもらうためだ。ま、マネージャーの俺に対するレッテル、そいつをこっちから貼らせてるってストーリーよ』と。

◯謎配:素晴らしい……それはバーズの発想と同じですよ

◉亀子:もちろん外部でお金をかけて作ったきっちりしたボイスサンプルやから、マネージャーにもやる気は伝わるし。意図も明確やから仕事も振りやすいンよ。だから事務所にまわってきた仕事は、すぐにキリーDの所に来るんヨね。

◯謎配:仕事をとれてたのには、理由があった訳だ!完璧ですね!

◉亀子:ウチ、ほんまに感動した。キリーDに教えてもろて、自分が売れない理由がはっきりわかったン。売れっ子のキリーDがこんなにちゃんと〈自分を売ってる〉やもん。Hをクビになったからって、ウチなんかが大人しくしてたって売れるわけないんよね。それ以来、ウチも見よう見まねで毎月ボイスサンプルを作るようにしたンヨ。それからゲリラ営業も再開した。この日からウチなにかが変わってね、やっぱりあがくと、ふとしたきっかけで何かが変わったりするんヨね。ウチのアピールが伝わったのか、事務所からの仕事もちょっとずつやけど増えてきたン!

◯謎配:そうこなきゃ!

嗚呼人生に涙あり!涙の後には虹も出る!
またひとつ・・・真のナレーターへの階段を昇った亀子。
次週亀子は生まれて初めて男性から愛を告白されるのだが・・・?!
『男闘呼シリーズその弐!中年プレイヤータッキーの章〈新宿逃走24時〉』

亀子自身は気づいてないのだ。天才キリーDとの出会いすらも、明日をも知れぬ毎日の中で事務所へ日参した亀子の根性が招き寄せた必然の出会いだという事に。

ねえ亀子。明日ってのは、意外とすぐそばにあるのかも知れないよ・・・

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,