HOME > ナレーターたちの物語 > わらしべナレーター亀子の「明日はどっちだ?!」 > 11話・亀子花は夜に咲く!天と地と人との巻

声優からナレーターへ・声優ミゼラブル

2006年9月14日 ナレーターメルマガ22号より転載

自らの夢をかなえるため、レギュラーという名のお土産をもち大手事務所Hの門をたたいた亀子。
しかし彼女をHへ導いた〈おとなビデオ〉が、皮肉にもHをクビになる原因となってしまったのだった…
亀子自身のミスによる、目を疑うような解雇劇!
しかし亀子はフリーとなったあとも絶え間なく仕事を続けていたのだった。
今宵は、その秘密に迫るー!!。

フリー,新人, ナレーター,ボイスサンプル



◯謎配:解雇のあとも仕事ができていましたよね?当時はむしろ「旦はん」が増えている感すらありましたが…何があったんですか。

◉亀子:話はすこしさかのぼるけど…大手事務所Hに預かりになっていたころ、そのHに所属するDJ「スピーカ寺山(仮名)はん」の噂をききつけたン。どうもスピーカはんのご家族がね、クラブを経営してはると。そしてそのアットホームなお店の雰囲気がウケて業界人が足しげく通うてると。そこのアルバイトはみな声業界の新人娘で、お客はんたちも新しい才能を求めて店にきはると。

◯謎配:まさか…

◉亀子:もちろん。Hにいる間に、アルバイトとして、このお店に潜入しといたン。

◯謎配:えええええーーッ…!!し、新人じゃないのにー!?

◉亀子:また毎晩勉強してね…若いムスメ達とお客はんのとりあいで負けへんように「ハナシのネタ」を仕込みまくったン。もちろん、なんというても〈スピーカ寺山〉のお店。お客はんも並たいていやおまへん。だから《一瞬のチャンス》を逃さないように、ズボンのポケット、鞄の中、財布の間、あらゆるところに自分のボイスサンプルCDを隠し持って働いてたんおす。

◯謎配:出たー!営業のマジシャン!

◉亀子:たとえば同じお客はんとお酒を飲んでも、同僚の若い娘はんらはええ子ええ子と頭をなでてもろて、そんでおしまい。ウチは可愛がってはもらえんかったけど、お客さんを楽しませた後にサンプルを渡してね…そうやって、なんとか仕事をつないだんおす。

◯謎配:試合には負けたけど…勝負には勝ったんだ…

◉亀子:Hにいる間に、そのお店でたくさん巡り会うてたのがよかったネ。前に話した音響監督はんらは皆このお店のお客はんだす。それで、Hをクビなったと報告したら、「ナンギな話やないか」と、次々仕事をまわしてくれはりまして。
向こうから営業相手が来てくれるスピーカはんのお店は、大窓王が言うところの「地の利」。ウチの営業トークは仲良くするための「人の和」。そしてサンプルを隠しもってつかんだチャンスが「天の時」。この時期、ウチが生活に困らんかったのには、理由があったんおす。

◯謎配:自分自身の力で「天地人」の条件をととのえていたんだ…すごすぎる…

◉亀子:それで突然の解雇にも、ウチは都落ちせずに済んだンおす。でもこのころ、解雇をきっかけに、ユン様という彼に捨てられました…。金の切れ目が縁の切れ目…悔しかった、ウチ。だから情熱を全部営業に燃やした。心底稼いだる!と思うたナ。ウチ、怒りと寂しさを紛らわせてくるこのお店が好きになって、フリ-の時期はずっとここにおったんやけど、そしたら、そんなウチのウサをはらすような運命の出会いがあったんヨ!

◯謎配:う、運命の…出会い…?

◉亀子:とある方がお客はんで来てくれはってね…営業のためにボイスサンプルを渡したら、翌日音声合成の仕事をくれたんおす。

◯謎配:音声合成…ってアレですよね?たとえばカーナビとか自動販売機で聞こえてくるような…。

◉亀子:そう。でもこの時は商業目的のものではなくてね、大学の工学に関わる音声合成おしたから、求められるプレイもテレビ風ではなくて、研究用とかそんな感じ。笑わずに明るいトーンを出す、とか…

◯謎配:音声合成にもいろいろあって、アカデミックなものって少ないけど、時々あるというのは聞いています。でも単語をちょっとずつ、途方もない数を収録するため、拘束時間とかすごいらしいですね?

◉亀子:一日3時間の収録を、一週間ぶっつづけ。もちろん声が枯れてる訳にはいきまへんから、常に同じトーンを保持しなければならない、それはそれは厳しい現場おす。面白いというのでもないし…テレビで流れるでもないし、ウチとしては微妙やったけど。

◯謎配:聞いた話では、そういうアカデミックな音声合成は、国家事業だから国から補助金が出ていたりするのでスポンサーも余裕があるらしいですね。ちなみにギャラってどのくらいだったんでしょうか。

◉亀子:一週間で、ざっと100万円おしたな。

◯謎配:ひゃ、ひゃくまんえんーーーーーーΣヽ(`Д´)ノ?!

◉亀子:ユン様、今頃どこのムスメにお金を無心してるんやろネェ…フフ。

あの時ユン様はこう囁きつづける 「好きや、好きやで、もっと、もっと」
だけどゆうべ どこかのジュニアの女と 家を出ていった
ウチは何も信じない ウチは誰も許さない
ウチは何も夢みない なにもかもみんな爆破したい

純白のウェディングドレス、ユニットバスじゃないマンション
最高のオジイとブースでナレーション
欲しいものは全て液晶テレビの中 まるで悪夢のように

カメ~!なぜ目くじらたてて
カメ~!なんで返事くれへん~
いつかユン様の足下にビッグマネー たたきつけてやる kamey!!

(『kamey・亀子のテーマ』/ ※浜田省吾の「money」の節でお読みください)


ふらりフラれて100万円!!夜に花咲く天地人!!
人と人の間を泳ぎまわる・亀子は、勢いにのり、なんと次の大手事務所への道を寿司で切りひらくのだ!むむむ……だがその模様は次々回まで座して待て!

次回の亀子は、いわば亀子の信用の担保ともいえるスピーカ寺山の庇護を、自分の不注意で失うハメに!次回亀子《日本VSベルギー戦!トルシエジャパンと亀子の一番長い夜》
人生フリーフォール!そんな亀子の明日は、いったいぜんたい…どっちだ?!

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,