2006年9月7日 ナレーターメルマガ21号より転載

いよいよ明かされた亀子の過去!
籠の鳥の少女時代を救ってくれた大物ナレーター冨城康雄(とみじょうやすお・仮名)への愛が、亀子の営業の執念を支えていたのだった。
そして亀子は富城との競演の夢をかなえるために、VPながらもいくつか抱えていたレギュラーを手みやげに大手事務所Hの門を叩く!

ナレーション,MCからナレーター


◯謎配:大手事務所Hで預りになった後のことを伺ってもよろしいですか?Hからはお仕事をもらえたんですか?

◉亀子:うん。やっぱり最初は様子みるっちゅうんで、いくつかお声掛けしてもらいましたなあ。ウチ、例によってマネージャーさんやプレイヤーはんらには好かれまへんなんだけどお仕事先の旦那衆には良くしてもろてね。今でもおつきあいさせてもろてる旦那もいてます。

◯謎配:あと、個人営業では、結婚式の司会などもをやられてましたよね?

◉亀子:うン。でもウチ、ほんまはブライダルMCはイヤやったンよ。個人的に、ナレーターとMCはまったく違うもんやと思うてるし。でもギャラとは別にご祝儀出るから背に腹は変えられず、やってた。

◯謎配:さらに個人でヒーローショーの司会とかもやられてませんでしたっけ?

◉亀子:あれは…ヒドイ仕事おましたなあ(泣)上演当日に音響がCDを忘れてきて、爆発音やビーム銃の音を、ウチが舞台裏で、口真似でやったこともおましたんやで。

◯謎配:ケント・フリック(マイクと口だけで、様々な声帯模写をする人)じゃないんだからww

◉亀子:ナレーションじゃないし、「これではウチの夢はかなわん」って思うてたからウチMCは遠慮したかったんやけどね、整形にお金がかかって仕方おまへんかったし。彼にご飯食べさせたり…ともかく、仕事は選んでなかったナ。Hからの仕事とあわせて「声だけで、生活してる」って気にはなりたかったんかもネ。今思えば仕事も安定してお金もあって彼もいて、幸せの絶頂おした。羽振りも良うて、毎日がきらきらしてたんもんおす。それで……昇り調子やったんかナ?
事務所Hから有線放送の仕事がきて。レギュラーで毎月10万以上あったかな。その他にもHからちょこちょこと細かいVPももらい出したりして。もちろん自分で営業したもんもあるから両方あわせればようやくMCやめて、仕事を《ナレーションだけ》に絞れるようにはなったんヨ。

◯謎配:すっごいじゃないですか!Hに入って間違いじゃなかったってことですね!

◉亀子:でも…ある日ね。ウチが事務所にナイショにしてた仕事があって。

◯謎配:ナイショ?

◉亀子:だってウチがたった一人で、血と汗と涙の営業でとった仕事やモン。Hにマネジメント料とられたくなくて…ウチ、自分の身銭はたとえベロでも出したくないモン。

◯謎配:うーん、お気持ちはわかるんですが…(-_-;

◉亀子:その日はなぜか、自分でとったナイショ仕事が、めずらしく押しに押してね。

◯謎配:ふむふむ

◉亀子:実はその仕事のあとに、Hからもらった仕事があってね自分のナイショ仕事が押したために、Hからもろた仕事とバッティングしたんやね。

◯謎配:えーーー?!じゃHの仕事は遅刻したんですか?!

◉亀子:ウン。結局2時間くらい遅刻してね。ナイショやから手の打ちようもなくて…マネージャーさんもぷんぷんで…目もあてられない結果に。「なんで内緒にするんだー!」って言われたけど…言える訳おまへんやないの……

◯謎配:まさか…

◉亀子:おとなビデオ。あの日は…女の子がクレーンで吊られて交尾する回やなかったかな。

◯謎配:うわははは、そら怒りますよ事務所Hも!

◉亀子:事務所にナイショで仕事をしてたこと。内容がおとなビデオだったこと。なんの手もうたずに遅刻したこと、ぜ~んぶひっくるめて厳重注意されまして…
結局その日を境に、大手事務所Hからは仕事を干されましたン。

◯謎配:えええええ・・(;´Д`)

◉亀子:ウチがHに預かってもろた理由は「仕事があるから」おましたやろ?その仕事のせいで仕事がなくなったっちゅう事は…

◯謎配:ちゅうことは…

◉亀子:Hに正式に所属する前に、クビになりました。

◯謎配:き、きらめいてたのに……亀子さあああああん(;´д⊂)

How does it feel?(いいかい?その時の気分をメルマガに書いても?
How does it feel?(なあ、どんな想いだったかききたいのさ何回でも
To be on your own(手にいれたはずのきらめきをうしなって
With no direction home帰る家もなくなったんだろ、だから言ったのによしなって
Like a complete unknown誰にも理解されぬままで、軽々イチコロにされ
Like a Rolling Stone(その姿はまるで、転がる石ころに似て…
(ボブ・ディラン『ライク・ア・ローリングストーン』/意訳・謎の配達人)


諸刃!亀子を大手事務所へと導いてくれたおとなビデオは、なんと事務所をクビにもさせてしまった!

断絶…一転フリー!!

しかし、きらめきの中に散ったこの事態にも、亀子はちゃっかりと手を打っていた!彼女はすでに業界の実力者、超人気顔出しDJ「スピーカ寺山(仮名)」の懐へ潜りこんでいたのだ!都内でも有名な大人の街の暗闇に、亀子の営業は再び光をとりもどせるのか!?

次回〈亀子花は夜に咲く!天と地と人と〉
転がる石・亀子の明日がどっちかなのか…答えは風の中に……!

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,