HOME > ナレーション知識 > あおい洋一郎&佐藤賢治の「ナレーター虎の穴」 > 第3夜・ナレーターってどうやってなるの?(後編)

ナレーター目指してるからプロになった瞬間は何があったんだろう?

2010年2月11日ナレーターメルマガ133号より転載

ナレーター,どうやって,佐藤賢治,あおい洋一郎,

洋一郎: ベルベットあおい洋一郎とアトゥ佐藤賢治がお送りする質問番組「ナレーター”虎の穴”」今週もお楽しみください。

賢治: 第1夜『ナレーターってどうやってなるの?(前編)』では、役者系パターンとアナウンサー系パターンを紹介して、その後いわゆる王道の『養成所で認められて所属』ってところを紹介したんですよね。そして中編では、ボク佐藤賢治の「DJからナレーターへ」のケースを紹介しました。ボクの場合は、知り合いのディレクターやプロデューサーからバイトという形で、小さな仕事をもらっていって、やがて大きな流れになった。

洋一郎: でボクあおいは、地元名古屋での小さな番組を気に入ってくれた人がいて…いくつか紹介してもらったことで「出会いだよね」って結論になった。実は”最初の出会い”って重要。出会いから出会いへときちんとつなげてくれるような、そんな人に巡り会えるかどうか。

賢治: 深い!そして出会いには、タイミング=運もとっても重要。びっくりするような出会いを経てスカウトにつながる人もいるんです。

洋一郎: ベルベットの田子千尋さんは、モデルをやっていた時に突然スカウトされたんだって。マネージャー側でいえば、大窓王も偶然耳にしたラジオをきいて、そのプレイヤーに会いに行った経験もあるそうですよ。どこでなにがつながるかわからないですね。ちなみに(進行役の山上に)山ちゃんはどうやってベルベットに関わったの?

賢治: 山ちゃんもかなーり特殊なケースだけど、大ラッキー系だよね。養成所で所属できずにぶらぶらしてた頃、過去にベルベットが一度だけ新人を募集したことがあったんですよ。で、山ちゃんは奇跡の偶然でボイスサンプルを作ってたんだって!

(山上): 何もしない時期って辛いんですよ(笑)そこで、提出する相手なんかいないけど、せめてボイスサンプルだけでも作っておかなきゃと思って。今思えば本当にラッキーでした。でベルベットの募集記事をみて、一晩中履歴書を書いて、翌朝にはボイスサンプルを送ることができたんです。あのとき、ボイスサンプルが手になかったら、思い切ることができずに、毎晩HPを眺めながら、ああでもないこうでもない、と悩むだけで行動できなかったと思います。

洋一郎: といってもサンプルそのものより履歴書がすっごい変だったらしくて可笑しいんだけどさ(笑) 「”こんなダメなやつベルベットが拾ってやるしかない”って感じの履歴書」を読んで、大窓王が「つい」電話しちゃったんだって。ラッキーだったことに間違いない(笑)これまでに共通しているのはみんな何かのラッキーに巡り合ってる。で、そのラッキーをきちんとものにしてきたってこと。

賢治: ラッキーを呼び込む「なんらかの勢い」を持ってたってことですね。

洋一郎: いい事言う!これはかつて大窓王が言ってたんだけどさ『運勢は書いて字のごとく”勢い”だ。運をつかむには勢いを持つことだ』と。誰だって新人の間、ましてやゼロからイチへと進化する時には、何のとっかかりもない状態が多い。その中で、何かの突破口を開くには「運」も大事な要素だと思う。

賢治: そしてみんな共通しているのは「何かを発信し続けていた」ってこと。それは”提示”までいかなくていい。「私はこういうナレーターの仕事がしたい」「こんなナレーターになりたい」という情熱のようなものを言葉だけではなくあらわし続けておくこと。そして何かがあれば迷いながらでも飛び込んでみること。これが勢いにつながる。そのうちに、なにかでひろってくれる人もいる。もちろん、それがうまくつながっていくかは別の問題だけど…

洋一郎: 「人から人へつながる」ことだって、巻き込まれた周りの人の勢いを加えて、勢いの渦がどんどん膨らんでいった結果なんだと思う。誰でも勢いのある人と一緒にいたいもんね。

12345

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,

ナレーターメルマガを読むナレーターメルマガを読む