HOME > ナレーション知識 > TVナレーターの収録現場 > vol.5・【動画】ナレーター逸見友惠の女性ドキュメント

ナレーター,収録,現場,youtube,映像,動画,収録,スタジオ,

2013年3月21日ナレーターメルマガ219号より転載

スクールバーズ卒業後「キャスティングプロジェクト猪鹿蝶」との連携で『ヒルナンデス』『大人のバナナ』などのレギュラーをもつ逸見友惠さん。30代からナレーターを志し、デビューは在学中の「映画CM」からでした。
そんな逸見さんが、ファッショナブルでありながら優しく、映像に声で寄り添ってきたドキュメント「アシタスイッチ」の収録現場をリポートしてくれました!


スマホのかたはこちらから→http://www.youtube.com/watch?v=NPYKkBBc_ZI&feature=youtu.be

カメラは急遽ディレクターが。

「急遽の外箱(外部のスタジオ)」ということで、はじめてのスタジオ。ミキサーさん到着まで時間の余裕があり、ディレクターがカメラをまわしてくれたそうです。逸見さん、現場に愛されてます^^

この日の収録は「サブ出し」

ナレーターがよく使う「サブ出し」を知っていますか?
『サブ』とは、撮影現場の「副調整室(ドラマでありがちなのは、小さいモニターがいくつも並んでいて、「はいCMいきまーす」とか言ってる所)」のこと。参考写真はこちら http://goo.gl/UpS2v

現代のテレビでよくある手法のひとつに【事前に収録してあるVTRを、後日スタジオで観ながら感想を言う】スタイルがあります。アシタスイッチの場合は「事前にとってきた海老蔵さんと小泉孝太郎さんのVTR」をさらに「スタジオで田辺誠一さんと徳井義実さんが観る」。この田辺さんと徳井さんが観る時用の収録が「サブ出し」です。

スタジオでの収録を終えたら、田辺さんや徳井さんのトーク部分をプラスして、サブ出しで使ったVTRを再編集します。ナレーションもわかりにくい所を直すなど変更が入ります。この2回目のナレーション収録を「本編録り(ほんぺんどり)」と言います。

つまりナレーターは(サブがある場合は)「1番組に2回収録にいく」のです。

収録時の「待ち」

ナレーション収録中は、原稿直しなど「待ち」がよくあります。数分で済む場合もあれば、映像から修正するなどで数時間かかることも。これも「最後まで良いものにしたい」と頑張るスタッフたちの熱意。

マイク位置や姿勢も見所

「スタイリッシュでありながら、女性ならではの芯の強さと透明感」を感じさせる逸見さんのウィスパー(ささやき声)。ナレーターには動き回って喋るタイプと、基本的にじっとして読むタイプがあるのですが、逸見さんは自分の内面と外との調和をはかるように、じっとしていますね。
さらに、マイクとの距離感も面白いです。ささやき声なので、実際はとても小さい声で喋る逸見さんですが、大胆に距離をとっています。録音エンジニアとの信頼関係が伝わってくるようです。

以上、今週も「TVナレーターの収録風景映像」でした!

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,

ナレーターメルマガを読むナレーターメルマガを読む