HOME > マネージャーの視点 > 極細木スガ子の「きっぱり言うわよ!」 > 4話「やっぱり心うたれる事も、ある訳ヨね」

ナレーター専門,マネージャー,

2006年8月3日 ナレーターメルマガ16号より転載

声業界この業界の女帝が、日々の業務の合間を縫ってでも相手をした新人とはいかなる人物なのか。
そしてまた、この女の食指を動かしえたその所以とはなんだったのか。
止んだ雨は、霧となって、ステンドグラスのように街あかりを分散させている…

新人を抜擢するポイント

『ワタクシが、新人を抜擢するポイント、知りたぁい?』
「そりゃ~もう!このインタビューを読んでくれている読者のみなさんも、そこが一番知りたいポイントです」

『ワタクシの耳と目の届くところにいてくれるかどうかが、そのポイントだったかもね』

「耳と目の届く、ところ……」
声業界の女帝と呼ばれた女、極細木(ゴクボソキ)はゆっくりとした間をとって語り出す。
『ワタクシの場合、まず好きなのが〈声のインパクト〉なのよ。ちゃんと存在感のある良い声が好きなのよ。ボイスサンプルは新人とベテランの区別無く山のように積まれていているワケ。その中できらりと光る声とセンスで作ったサンプルに耳が行くのよ。これが耳にちゃんと届くってことなのヨ』

「なるほど…では目の届くというのは……」
『こんなに優しそうなワタクシでも、新人から見ればかなりおっかない存在らしいのヨね。前回語った、ゴールデンウィークまでの新人の挨拶周り覚えてる?事務所にお百度踏む子達も、たいていはゴールデンウィークを境にぱったり来なくなるのよ。その後も心折れずに日参して、おっかなさを乗り越えてワタクシの所へアピールしに来たコは、かわいがってあげたワよ。人数が減ったそのころになってようやく、目が届き始めるってことかな。ド根性って訳でもないけどね、やっぱり心うたれる事も、ある訳ヨね』

ここで私は再び混乱する。
いったい、マネージャーの原理原則とはいかなるものなのだ。結局、ここでも精神論なのだろうか。だとすれば。
私はあと一体、どれほど頑張らなくてはならないのだろうか…

〈信頼〉も実力と同じように大切なのヨ

『でもそうねぇ…だから、とも言えるけど、ワタクシ達にとっては〈信頼〉も実力と同じように大切なのヨ。ワタクシがしつけた新人は、本当によく応えてくれたと思うワ。確かに厳しくしつけたけど、それはそのコが最初に根性と信頼をちゃんと見せてくれていたから、できた事なのヨ。そのコ、今じゃレギュラーたくさん持ってるけど…ほんと、プレイヤーが売れて行く姿をみるのは…いくつになっても…嬉しいものよネ…』

極細木が金ぴかの差し歯をちらりとみせたように見えた。
この懐の深さをが、彼女を女帝と呼ぶことに説得力を持たせているのであろうか。
そして私は己の視点の狭さに居心地の狭さをかくせない…

『ワタクシも天下の極細木です。信頼できて傍にいる新人には、できる事はさせてもらうわヨ。』
「では…やはり〈マネージャーに好きになってもらう・信用してもらう〉ってことが大事なんですね」
『でも、そこで終わっちゃダメなのよ、山ちゃん。』
「?」
『覚える、信頼できる、ってのは、難しい事は理解できるけど、いわば当たり前の事でしょう?その後にはまだ〈3つの関門〉があるのヨね』
「3つ…。先生、それは一体……?!」
身を乗り出す筆者に極細木は言う。

『あー。どうしよっかなー…そろそろ帰らないと、疲れちゃったナ~。今日もいっぱい働いたしワタクシ。あ~、なんか腰が痛いしな~…座り疲れちゃったぁ』

この女どこまで狸なのか…
私は女帝と呼ばれる女のその腰に手をやって、ゆっくりと揉み始めていた…。

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,

ナレーターメルマガを読むナレーターメルマガを読む

ナレーターメルマガ連載リスト