HOME > マネージャーの視点 > 極細木スガ子の「きっぱり言うわよ!」 > 1話「5分目立つだけ。それで事務所所属も不可能じゃないのよ」

ナレーター専門,マネージャー,

2006年6月8日ナレーターメルマガ8号より転載

養成所,所属,「なんなのヨもう~。マネージャーは忙しいのヨ?わかってるわヨ、メルマガの件ね」
「たとえば…付属の養成所から事務所にはいる審査での、マネージャーから見た時のポイントなどを教えていただければ…」
「それは難しいわヨ…プレイヤーもマネージャーも人それぞれだもの。会社の方針だってそれぞれだろうしね。なんとも言えないわヨ…」
ふーっ、と煙草の煙を私の顔にふきかけるようにしたあと、極細木は窓の外をぼんやりと見ている。  

「ああ、忘れるところでした、ちょっとしたお土産です。極細木先生このブランドの香水を好きでしたよね」
「なにコレ?ありがと~~!よくわかってんじゃないアンタ。わかったわヨ、きっぱり言うわヨ」
と、極細木はマニキュアの指で煙草をもみ消すと、勢いをつけて語りはじめた。

「新人プレイヤーが最初にマネージャーと関わる時といえば、やっぱり養成所から事務所に所属するための最終審査の場が多いわヨね。今日は所属審査について話しまショ」

「そうね…アタクシが所属審査でかつて選んでたのは服装だけでも目立ってる子。 すごくファンキーだったりするタイプね。アタクシの場合、あ、他の子と違うな』って最初はこれだけでまずはオーケーなのね」

「とにかくアタクシが言いたいのは与えられた時間の中で、後で思い出せるようなわかりやすいパーソナリティを出しなさいヨってことヨ。あ、もちろんマネージャーの中には地味な服装のプレイヤーが好きな人だっているから、注意が必要よ。 それと・・・所属審査は5分くらいで決めてるわね」
なんと!早くも、みなさんが最も知りたい部分に踏み込む事に成功したのだ。

私は額をぬぐった。呑まれるな、ここで聴き損じがあれば、私は私の過去10年と読者のみなさまに申し訳がたたない。
「生徒達の一生を左右するかもしれないのに、なぜそんな短時間で・・・」

次回、極細木の「5分間」。そのほんとうの訳とは!

ナレーターを応援したいナレーターを応援したい







ナレーターたちの物語ナレーターたちの物語

ナレーター,ナレーション,知識,情報,ナレーター,ナレーション,知識,情報,

ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,ナレーター,ナレーション,マネージャー,専門,事務所,

ナレーターメルマガを読むナレーターメルマガを読む

ナレーターメルマガ連載リスト